心の上に士が乗っています

志ということばが私はすきです。

この志という字、心の上に士が乗っています。

こころをさす。

ただ漠然と生きる人と
志をもって生きる人

その大きい小さいは別にして、人はみな志があったはずです。
こころにさすつまり誰に知らせるわけでもない志。

志は自分で決められるものです。
人から影響されるものではありません。

志をもつということは、自分自身を見つめることです。
たちどまる・かんがえる・意識する。

われを忘れた人たちが毎日のように新聞・TVに映し出されています。

志を持つ。

わたしの心にも静かな志があります。
posted by 日々研鑽 at 11:39 | Comment(0) | 人生の指針
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。